いろいろ一進のホースレーシング

いろいろ一進がJRA、地方競馬の重賞競走の予想や競馬に関するネタを紹介するブログです。

競馬雑談、皐月賞について

こんにちは、いろいろ一進です。

 

4月16日(日)、中山競馬場で牡馬クラシック第1弾、皐月賞が行われます。芝の2,000mで18頭が競い合うGⅠレースは、今年で77回目を迎えます。

 

皐月賞はイギリスで行われている2000ギニーを模範として、1939(昭和14)年に創設しました。創設時の競走名は「横浜農林省賞典四歳呼馬」で、横浜競馬場(馬の博物館根岸森林公園あたり)芝1,850mで実施されました。

 

1943(昭和18)年、横浜競馬場閉鎖により東京競馬場芝1,800mで施行、1944(昭和19)年は太平洋戦争の影響で「農商省賞典四歳」に名称を変更し能力検定競走として行われました。

 

1947(昭和22)年に「農林省賞典」という名で実施されましたが、1949(昭和24)年に「皐月賞」に名称変更し、施行競馬場を中山競馬場芝1,950mとして実施、1950(昭和25)年に距離を2,000mに変更し現在に至ります。

 

なお、中山競馬場改修工事やストライキ、災害等の影響により、東京競馬場芝2,000mで実施された時期がありました。

・1956(昭和31)年

・1963(昭和38)年

・1964(昭和39)年

・1974(昭和49)年

・1976(昭和51)年(理由:ストライキ)

・1988(昭和63)年

・2011(平成23)年(理由:東日本大震災)

 

また、このレースでは後に名馬となったセントライトシンザンハイセイコーミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルが勝ったほか、初めての対決となったテンポイントvsトウショウボーイ等の名勝負にもなりました。

 

今年の皐月賞も、強豪の競走馬が多く出るので楽しみです。

 

皐月賞の競馬予想については、後日記載します。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。